Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース?速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース?トピック
  3. トピック

【2022年】セダンおすすめ人気車種15選|価格?スペック比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、おすすめのセダンをランキング形式で紹介します。

古くから車の基本形と言われ続けてきたセダン。スポーツカーに匹敵するスポーツ走行が得意なモデルもあれば、リヤのラゲッジルームを使いやすいように設計した5ドアモデルもあるなど、現代のセダンはバリエーション豊かなジャンルになっています。

もしセダンを愛車とするなら、どういったところに気をつければいいのでしょうか。一緒に學んでいきましょう。

※ランキングはモーターファン內でのアンケート結果に基づきます

セダンとは?

トヨタ クラウン

セダンとは、主にボンネット(エンジンルーム)?キャビン(居住スペース)?リヤデッキ(トランクルーム)の3箇所が仕分けられている、3ボックススタイルの車を指します。

主に4ドアのタイプが多いのですが、キャビンとリヤデッキが繋がっている2ボックス?ハッチバックスタイルの車を5ドアセダンとして、アピールしているモデル?メーカーもあります。

構造上、キャビンまで騒音が伝わりにくいこともあり、長距離移動時の疲れにくさはNo.1クラスといって過言ではありません。

以前はファミリーカーから高級車まで、數多くのラインアップがありましたが、近年は高級車やスポーツモデル、また新たな技術を惜しげもなく投入した時代を占うモデルが中心となっています。

セダンのサイズ別種類と特徴

さまざまなセダンがありますが、ボディサイズの大小で、Lサイズ?Mサイズ?Sサイズと大きく3つに分類できます。LサイズはF/Lセグメント、MサイズはEセグメント、SサイズはC/Dセグメントの車と考えるとわかりやすいでしょう。

サイズ
特徴
LLサイズ全長5000mm以上、橫幅が1850mmを超えるようなビッグボディ。片側3車線以上ある、都市圏の主要道路から高速道路へとアクセスできる環境にあるならば、居住性の高さも相成って乗りやすい車両といえます。(參考:トヨタ ミライ、メルセデス Sクラス セダン、BMW 7シリーズ セダン)
Lサイズ全長4700~5000mm、橫幅1750mm~1800mmぐらいのセダンはLサイズとなります。高級セダンであり、スポーツ性能にも優れたモデルが多く、オールマイティに使えるという特徴を持ちます。(參考:BMW 5シリーズ セダン、トヨタ クラウン ハイブリッド、日産 スカイライン)
Mサイズ従來は5ナンバーサイズ(全長4700mm未満、橫幅1700mm未満)でしたが、近年はだいたい1740mm未満、1750mm未満のボディを持つ車種をMサイズと呼ぶことが増えました。対面通行の片側一車線道路でも、細めの裏道でも比較的安心して運転できます。全長は4500?4700mmくらいです。(參考:トヨタ プリウスPHV、トヨタ プレミオ、マツダ MAZDA3 セダン、ホンダ?シビックセダン)
Sサイズ全長4500mm以下程度のコンパクトなサイズのセダンです。現在ではSサイズのセダンは少なくなっています。トヨタ?カローラ(4445mm)、アウディA3セダン(4465mm)などです。

セダンの選び方|満足度を高める5つのポイント

以下では、セダンの選び方やチェックしたいポイントについて紹介します。

  • 內裝?外裝のデザインや高級感が重要になる
  • 快適な乗り心地かスポーティな硬さで選ぶ
  • 走行性能はドライビングプレジャーと直結
  • 長距離ドライブが多いなら高燃費なハイブリッド
  • 価格面がネックなら中古車セダンの選択肢も!

內裝?外裝のデザインや高級感が重要になる

スタンダードなファミリーカーもありますが、エンジンルーム、トランクルームと居住スペースが分かれているセダンは、高級感を持つモデルの人気が高め。居心地のいい移動空間であることを求めている人が多いともいえます。

1臺のセダンと長く付き合いたいのであれば、內外裝のデザインや塗裝品質、使われている素材を真っ先にチェックしたいところ。シンプルモダンがいいのか、メカニカルな雰囲気がいいのか、自分の好みと照らし合わせて選んでいきましょう。

快適な乗り心地かスポーティな硬さで選ぶ

同乗者全員に快適だと思わせたいのであれば、滑らかな乗り心地のセダンにしましょう。ふわふわとした乗り心地で路面の衝撃を吸収してくれるため、身體に優しいのです。

スポーツ走行を楽しみたいのであれば、ハイレスポンスで車體の姿勢を大きく動かさないようなサスペンション搭載車がおすすめです。

アクティブサスペンション(電子制御式サスペンション)を搭載した高級車やスポーツモデルは、走行モードによって足回りのセッティングも変更できます。1臺で數倍美味しいのですね。

走行性能はドライビングプレジャーと直結

前項の乗り心地にも関係してきますが、走行性能重視なセダンを求めるなら、スポーツモードを備えたモデルがベストです。

ハンドリングはクイック、車體剛性は高く、運転席のシートは肩や腿をしっかりと押さえてくれて、サスペンションの応答性にも優れ、突発的な強い衝撃も吸収してくれるセダンは、2ドアクーペと比較しても遜色ない走りが楽しめます。

ノーマルの狀態でもサーキット走行が楽しめるモデルもありますよ。

長距離ドライブが多いなら高燃費なハイブリッド

高速道路を使うような長距離移動が多い、または街中でのストップ&ゴーが多いなら、パワートレインに高燃費なハイブリッドを選びたいところです。

ガソリンエンジンの燃費は改善されてきましたが、高効率なハイブリッドにはかないません。がっしりしたボディ、多くの裝備品、居住スペースとトランクルームを仕分けているパーツなど、意外と重くなってしまうセダンは燃費の影響を受けやすいのです。

さらに高燃費を期待したいのであれば、バッテリーにニッケル水素ではなくリチウムイオンを使ったモデルにしましょう。

価格面がネックなら中古車セダンの選択肢も!

ミニバン?コンパクトカーがファミリーカーのトレンドとなっていることから、リーズナブルな価格帯のセダンは減ってしまいました。

しかし一昔前までは、バリエーションが豊富だったセダンです。良質な中古車セダンはたくさん流通しています。5年落ちの走行2000km臺で、車両価格50萬円臺のセダンも選べますし、激しい加速を楽しませてくれるスポーティなセダンもたくさん揃っています。

ハイコスパなセダンが欲しいという方は、積極的に中古車もチェックしましょう。

セダンおすすめ人気車種15選

以下では、ドライバーから人気のセダンおすすめ15選を紹介します。

セダンおすすめ1. 日産 スカイライン

日産 スカイライン
スカイラインは、常に時代の最先端技術を搭載して進化を続けてきた日産伝統のスポーツセダンです。

世界で初めて高速道路のナビ連動ルート走行と同一車線でのハンズオフ機能を同時採用しており、高速道路本線に合流すると車線変更を伴う追い越しや分岐なども含めてシステムがアシストします。

自ら操る歓びを高めてくれる3.0LV6ツインターボエンジンモデルと、圧倒的な走行性能と環境性能を両立させたハイブリッドシステムモデルが設定されています。

メーカー日産
車種スカイライン
モデル?グレードGT
年式2020年9月
全長×全幅×全高4810×1820×1440mm
ホイールベース2850mm
車両重量1700kg
サスペンション形式前:ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
エンジン型式VR30DDTT
総排気量2997cc
內徑×行程86.0mm×86.0mm
圧縮比10.3
最高出力304ps(224kW)/6400rpm
最大トルク40.8kg?m(400N?m)/1600?5200rpm
燃料供給裝置ニッサンDi
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量80L
WLTCモード燃費
新車価格4,350,000円
中古車価格帯78~543萬円
カタログページ日産 スカイライン
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ2. トヨタ プリウス

トヨタ プリウス
世界初となった市販ハイブリッドのプリウス。日本でも人気の1臺ですが、CO2規制強化の流れと共に海外でも人気が高まり、いまや日本を代表するモデルとなりました。車體の作りとしてはハッチバックスタイルですが、トヨタとしてはセダンの1車種としてアピールしています。燃費は30.8km/Lと良く、電気式4WDシステムのE-Fourにより雪道でも安心して走れます。オプションでAC100Vのコンセントをつけることが可能で、キャンプなどでも活用できると評判です。

メーカートヨタ
車種プリウス
モデル?グレードE
年式2021年6月
全長×全幅×全高4575×1760×1470mm
ホイールベース2700mm
車両重量1320kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
エンジン型式2ZR-FXE
総排気量1797cc
內徑×行程80.5mm×88.3mm
圧縮比
最高出力98ps(72kW)/5200rpm
最大トルク14.5kg?m(142N?m)/3600rpm
燃料供給裝置電子制御式燃料噴射裝置(EFI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量38L
WLTCモード燃費32.1km/L
新車価格2,597,000円
中古車価格帯6.9~699.8萬円
カタログページトヨタ プリウス
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ3. BMW 3シリーズ

BMW 3シリーズ
BMWの中でも歴史が長く最も生産臺數の多い3シリーズ。2019年にバージョンアップされた現行モデルは7代目に當たります。

スポーツセダンを體現するような走行性能に、美しいエクステリアや高級感のある內裝を高い次元で兼ね備え、「RJCカーオブザイヤー?インポート」を受賞するなど高く評価されています。

ハンズ?オフ機能付き渋滯運転支援機能といった先進のドライブアシストを搭載。スタンダードな「セダン」と、実用性の高い「ツーリング」の2つのモデルがあります。

メーカーBMW
車種3シリーズ
モデル?グレード318i
年式2021年4月
全長×全幅×全高4715×1825×1440mm
ホイールベース2850mm
車両重量1540kg
サスペンション形式前:ダブルジョイントスプリングストラット式
後:5リンク式
エンジン型式B48B20A
総排気量1998cc
內徑×行程
圧縮比
最高出力156ps(115kW)/4500rpm
最大トルク25.5kg?m(250N?m)/1350~4000rpm
燃料供給裝置デジタル?モーター?エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射裝置)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量59L
WLTCモード燃費13.4km/L
新車価格4,950,000円
中古車価格帯13~1025萬円
カタログページBMW 3シリーズ
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ4. マツダ MAZDA3 セダン

マツダ MAZDA3 セダン
マツダならではの、塊感あるエクステリアデザインはセダンになっても同じもの。走りをイメージさせるボディラインに仕上がっています。1500ccまたは2000ccのガソリンエンジンは、1330kgからのボディをスムースに加速させるのに必要十分です。流麗なセダンをハイコスパで提供するマツダの取り組みは國內外で高く評価されています。ただしデザイン優先のため天井が低く、ライバル車と比較して居住性はやや落ちます。

メーカーマツダ
車種MAZDA3 セダン
モデル?グレード15S
年式2021年11月
全長×全幅×全高4660×1795×1445mm
ホイールベース2725mm
車両重量1330kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:トーションビーム式
エンジン型式P5-VPS
総排気量1496cc
內徑×行程74.5mm×85.8mm
圧縮比13.0
最高出力111ps(82kW)/6000rpm
最大トルク14.9kg?m(146N?m)/3500rpm
燃料供給裝置筒內直接噴射(DI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量51L
WLTCモード燃費16.6km/L
新車価格2,221,389円
中古車価格帯179.8~321萬円
カタログページマツダ MAZDA3 セダン
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ5. マツダ MAZDA6 セダン

マツダ MAZDA6 セダン
マツダのフラッグシップモデルであるMAZDA6。クルマに命を吹き込むような「魂動デザイン」によって、精悍で引き締まったスタイリングに仕上げられています。

マツダが追い求める“人馬一體”となる走行性能を実現するために全グレードに「G‐ベクタリングコントロールプラス」を標準裝備。

日常走行からワインディング走行まで、幅広い走行シーンでドライバーの思いのままにクルマを操れる感覚をさらに高い次元へと引き上げています。

メーカーマツダ
車種MAZDA6 セダン
モデル?グレード20S
年式2020年12月
全長×全幅×全高4865×1840×1450mm
ホイールベース2830mm
車両重量1510kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:マルチリンク式
エンジン型式PE-VPR
総排気量1997cc
內徑×行程83.5mm×91.2mm
圧縮比13.0
最高出力156ps(115kW)/6000rpm
最大トルク20.3kg?m(199N?m)/4000rpm
燃料供給裝置筒內直接噴射(DI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量62L
WLTCモード燃費15.0km/L
新車価格2,893,000円
中古車価格帯208.8~348萬円
カタログページマツダ MAZDA6 セダン
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ6. メルセデス?ベンツ Cクラス セダン

メルセデス?ベンツ Cクラス セダン
歐州のプレミアムスタンダードセダンの1つ。エンジン排気量は1500ccですが、C 200 Laureus Editionなどの上位バリエーションに搭載される直噴ダウンサイジングターボ&48V電気システムの効果は高く、2000ccクラスのセダンと遜色のない走りを見せます。車両周囲をセンシングして危険を察知する、世界最高クラスの安全性をもたらすインテリジェントドライブも搭載。若々しく躍動感のあるインテリア?エクステリアにも注目です。

メーカーメルセデセス?ベンツ
車種Cクラス
モデル?グレードC200 4マチックアバンギャルド
年式2021年8月
全長×全幅×全高4751×1820×1438mm
ホイールベース2865mm
車両重量
サスペンション形式前:AGILITY CONTROLサスペンション
後:AGILITY CONTROLサスペンション
エンジン型式M254
総排気量1496cc
內徑×行程78.0mm×78.3mm
圧縮比10.5
最高出力204ps(150kW)/5800~6100rpm
最大トルク30.6kg?m(300N?m)/1800~4000rpm
燃料供給裝置電子制御式燃料噴射(直噴)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量66L
WLTCモード燃費
新車価格6,810,000円
中古車価格帯18~1480萬円
カタログページメルセデセス?ベンツ Cクラス
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ7. メルセデス?ベンツ Eクラス セダン

メルセデス?ベンツ Eクラス セダン
高速道路だけではなく街中でも、手を添えているだけで走ることが可能で、誤発進や衝突を回避し、ウインカーを出すと自動的に車線変更するなど、自動運転の一歩手前まで現実化したインテリジェントドライブを搭載。パッシブ&アクティブセーフティの分野で、秀でたセダンがメルセデス?ベンツ Eクラス セダンです。パワーユニットはガソリンハイブリッドまたはディーゼルハイブリッド。靜かでクリーンなモーター駆動のみでも、50kmを超える距離を走ることができます。

メーカーメルセデセス?ベンツ
車種Eクラス
モデル?グレードE200 スポーツ
年式2021年9月
全長×全幅×全高4940×1850×1455mm
ホイールベース2940mm
車両重量1720kg
サスペンション形式前:AGILITY CONTROLサスペンション
後:AGILITY CONTROLサスペンション
エンジン型式M264
総排気量1496cc
內徑×行程80.4mm×73.7mm
圧縮比10.5
最高出力184ps(135kW)/5800~6100rpm
最大トルク28.6kg?m(280N?m)/3000~4000rpm
燃料供給裝置電子制御式燃料噴射(直噴)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量66L
WLTCモード燃費12.8km/L
新車価格7,930,000円
中古車価格帯25.9~1258萬円
カタログページメルセデセス?ベンツ Eクラス
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ8. トヨタ クラウン

トヨタ クラウン
クラウンは國內にて“セダンの王様”とも呼ばれるトヨタが誇るフラッグシップセダンです。

クラウン史上最高にスポーティーな一臺に仕上げられており、低重心なTNGAプラットフォームによって自然で滑らかな車両挙動を実現。ドイツのニュルブルクリンクで磨かれた走りは歐州車に勝るとも劣りません。

先進のコネクティッド機能が搭載され、オペレーターが走行中でもレストランや駐車場、目的地までの設定をサポート。スマートフォンと連攜することでナビ上にて使い慣れたアプリを使用できます。

メーカートヨタ
車種クラウン
モデル?グレードRS
年式2020年11月
全長×全幅×全高4910×1800×1455mm
ホイールベース2920mm
車両重量1720kg
サスペンション形式前:マルチリンク式
後:マルチリンク式
エンジン型式8AR-FTS
総排気量1998cc
內徑×行程86.0mm×86.0mm
圧縮比
最高出力245ps(180kW)/5200~5800rpm
最大トルク35.7kg?m(350N?m)/1650~4400rpm
燃料供給裝置筒內直接+ポート燃料噴射裝置(D-4ST)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量66L
WLTCモード燃費12.4km/L
新車価格50,990,000円
中古車価格帯9.8~671.2萬円
カタログページトヨタ クラウン
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ9. BMW 5シリーズ

BMW 5シリーズ
BMWのスローガンである『駆けぬける歓び』を體現する5シリーズ。世界的に人気の高いLサイズに分類されるスポーツセダンです。

ひと目でBMWとわかるキドニーグリルなど洗練されたエクステリアデザインはユーザーに所有する悅びを感じさせてくれます。

先進の「インテリジェント?パーソナル?アシスト」に対応し、AIがドライバーの質問內容を學習してナビの設定、目的地検索、エアコンの設定など様々な操作をサポートします。

メーカーBMW
車種5シリーズ
モデル?グレード530i Mスポーツ
年式2021年4月
全長×全幅×全高4975×1870×1480mm
ホイールベース2975mm
車両重量1690kg
サスペンション形式前:ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
エンジン型式B48B20B
総排気量1998cc
內徑×行程
圧縮比
最高出力252ps(185kW)/5200rpm
最大トルク35.7kg?m(350N?m)/1450~4800rpm
燃料供給裝置デジタル?モーター?エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射裝置)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量68L
WLTCモード燃費12.5km/L
新車価格8,800,000円
中古車価格帯24.8~1019.9萬円
カタログページBMW 5シリーズ
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ10. ホンダ インサイト

ホンダ インサイト
Mサイズのボディに備わるパワートレインは1500cc&2モーターのハイブリッド。i-VTEC、i-MMDなど多くのホンダの先端技術を投入されたモデルがインサイトです。EVドライブ、エンジンドライブ、ハイブリッドドライブなど、走行狀態に応じて自動的に最適なモードにチェンジして、エコとスポーティを両立しました。レバーレスのエレクトリックギアセレクターを採用したインテリアは完成度が高く、ステッチライン1つとっても、上質さがうかがえます。

メーカーホンダ
車種インサイト
モデル?グレードLX
年式2020年5月
全長×全幅×全高4675×1820×1410mm
ホイールベース2700mm
車両重量1370kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:マルチリンク式
エンジン型式LEB
総排気量1496cc
內徑×行程73.0mm×89.4mm
圧縮比13.5
最高出力109ps(80kW)/6000rpm
最大トルク13.7kg?m(134N?m)/5000rpm
燃料供給裝置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量40L
WLTCモード燃費28.4km/L
新車価格3,355,000円
中古車価格帯8~359萬円
カタログページホンダ インサイト
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ11. レクサス IS

レクサス IS
四足動物が後ろ足で地面を蹴るかのごとく、FRレイアウトのモデルも選べるレクサス IS。モノコックボディは軽量かつ高剛性に仕上げられ、流麗で空力特性に優れたエクステリアを身にまとったセダンで、パワートレインは直4 2000ccターボ、直4 2500ccハイブリッド、V6 3500ccの3種類。5つのドライブモードが選択可能となっています。スポーツ走行を得意とする快速モデルといえます。居住スペースはタイトですが、ドライバーのやる気を高めるインテリアとマッチしています。

メーカーレクサス
車種IS
モデル?グレードIS300
年式2021年10月
全長×全幅×全高4710×1840×1435mm
ホイールベース2800mm
車両重量1640kg
サスペンション形式前:ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
エンジン型式8AR-FTS
総排気量1998cc
內徑×行程86.0mm×86.0mm
圧縮比
最高出力245ps(180kW)/5200~5800rpm
最大トルク35.7kg?m(350N?m)/1650~4400rpm
燃料供給裝置筒內直接+ポート燃料噴射裝置(D-4ST)
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量66L
WLTCモード燃費12.2km/L
新車価格4,800,000円
中古車価格帯24.8~748萬円
カタログページレクサス IS
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ12. トヨタ プリウスPHV

トヨタ プリウスPHV
プリウスPHVは、自宅や電気スタンドを利用して充電が可能なプラグインハイブリッドです。

ハイブリッドシステムの効率化が進み、EV走行距離は最大60kmまで拡大。充電した電気が切れたとしてもハイブリッド車としてWLTCモードで30.3km/Lと高い環境性能を誇ります。

合計1500Wまで対応した外部給電機能を全グレードに標準裝備しているため、アウトドアや災害時などにクルマを電源として使用可能。給電狀態はスマホアプリ「MyTOYOTA」上にて確認できます。

メーカートヨタ
車種プリウスPHV
モデル?グレードS
年式2021年6月
全長×全幅×全高4645×1760×1470mm
ホイールベース2700mm
車両重量1510kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
エンジン型式2ZR-FXE
総排気量1797cc
內徑×行程80.5mm×88.3mm
圧縮比13.0
最高出力98ps(72kW)/5200rpm
最大トルク14.5kg?m(142N?m)/3600rpm
燃料供給裝置電子制御式燃料噴射裝置(EFI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量43L
WLTCモード燃費30.3km/L
新車価格3,383,000円
中古車価格帯55~425萬円
カタログページトヨタ プリウスPHV
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ13. スバル インプレッサG4

スバル インプレッサG4
スバル新デザイン言語である「DYNAMIC×SOLID」を全面採用して、內外裝の質感を大幅に改良。

安全性能も進化しており、國産自動車初となる歩行者保護エアバッグや、安心な運転を支援する「アイサイト」を全車に標準裝備。第三者機関による予防安全性能評価にて最高ランクを獲得しています。

1.6Lエンジンと2.0直噴エンジンを設定。全車にパドルシフトを搭載しており、走行シーンに合わせてMT感覚でドライブを楽しめます。

メーカースバル
車種インプレッサG4
モデル?グレード1.6i-Lアイサイト
年式2021年1月
全長×全幅×全高4640×1775×1455mm
ホイールベース2670mm
車両重量1300kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
エンジン型式FB16
総排気量1599cc
內徑×行程78.8mm×82.0mm
圧縮比10.9
最高出力115ps(85kW)/6200rpm
最大トルク15.1kg?m(148N?m)/3600rpm
燃料供給裝置EGI(電子制御燃料噴射裝置:マルチポイント?インジェクション)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量50L
WLTCモード燃費14.1km/L
新車価格2,002,000円
中古車価格帯22~253萬円
カタログページスバル インプレッサG4
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ14. ホンダ アコード

ホンダ アコード
アコードは1976年の発売以來「人とクルマの調和」をコンセプトにしているホンダを代表するミドルクラスセダンです。

10代目の現行モデルは「EX」グレードのみを用意。2モーターの力強い加速と滑らかな走りが特徴であるホンダ獨自のハイブリッド「e:HEV」を搭載して、リニアな走りと低燃費性を高い次元で共存させています。

ハイブリッドセダンの課題であった荷室スペースも改良され、システムの位置を最適化することでハイブリッドセダントップクラスのトランクスペースを実現。9.5インチのゴルフバッグを4個積載可能です。

メーカーホンダ
車種アコード
モデル?グレードEX
年式2021年8月
全長×全幅×全高4900×1860×1450mm
ホイールベース2830mm
車両重量1560kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:マルチリンク式
エンジン型式LFB
総排気量1993cc
內徑×行程81.0mm×96.7mm
圧縮比13.5
最高出力145ps(107kW)/6200rpm
最大トルク17.8kg?m(175N?m)/3500rpm
燃料供給裝置電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量48L
WLTCモード燃費22.8km/L
新車価格4,650,000円
中古車価格帯23~438.8萬円
カタログページホンダ アコード
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ15. トヨタ カムリ

トヨタ カムリ
低重心なTNGAプラットフォームによりスポーティな走りも楽しめるカムリ。トヨタのFFセダン最上級モデルに位置しています。

全グレードに環境性能に優れたハイブリッドシステムを採用しているため、ロングボディのLサイズセダンながら燃費はWLTCモードで27.1km/Lと、低燃費と優れた動力性能を両立しています。

大畫面9インチのディスプレイオーディオが全グレードに標準裝備され、Apple CarPlayを利用して地図アプリなど使い慣れたアプリをナビ上で使用できます。

メーカートヨタ
車種カムリ
モデル?グレードX
年式2021年2月
全長×全幅×全高4885×1840×1445mm
ホイールベース2825mm
車両重量1550kg
サスペンション形式前:マクファーソンストラット式
後:ダブルウィッシュボーン式
エンジン型式A25A-FXS
総排気量2487cc
內徑×行程87.5mm×103.4mm
圧縮比
最高出力178ps(131kW)/5700rpm
最大トルク22.5kg?m(221N?m)/3600~5200rpm
燃料供給裝置筒內直接+ポート燃料噴射裝置(D-4S)
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量50L
WLTCモード燃費27.1km/L
新車価格3,485,000円
中古車価格帯16~495萬円
カタログページトヨタ カムリ
※タイプ?グレードは一例です

セダンおすすめ車種の価格比較表

セダン
タイプ?グレード
新車価格
日産 スカイラインGT4,350,000円
トヨタ プリウスE2,597,000円
BMW 3シリーズ318i4,950,000円
マツダ MAZDA3 セダン15S2,221,389円
マツダ MAZDA6 セダン20S2,893,000円
メルセデス?ベンツ Cクラス セダンC200 4マチックアバンギャルド6,810,000円
メルセデス?ベンツ Eクラス セダンE200 スポーツ7,930,000円
トヨタ クラウンRS50,990,000円
BMW 5シリーズ530i Mスポーツ8,800,000円
ホンダ インサイトLX3,355,000円
レクサス ISIS3004,800,000円
トヨタ プリウスPHVS3,383,000円
スバル インプレッサG41.6i-Lアイサイト2,002,000円
ホンダ アコードEX4,650,000円
トヨタ カムリX3,485,000円

【Q&A】セダンについて多い質問

ドライバーから多いセダンについての不安?疑問について回答します。

  • セダンでも車中泊はできる?
  • トランクのせいでバックがしにくくない?
  • 車內が狹いけど酔ったりしない?

Q. セダンでも車中泊はできる?

ミニバンやワゴンのようにはいきませんが、セダンでも車中泊は可能です。方法は2つ。

フロントシートのヘッドレストを外し、リアシートとつながるように背もたれを倒して、ところどころにできる凹部分をタオルなどで埋めてフラットスペースを作ります。

もう1つはリアシートの背もたれを手前側に倒し、トランクスルー部分を使って寢る方法です。こちらは最初からフラットシート狀態を作れますが、身體が大きい人だと頭部が飛び出やすいので、フロントシートを活用して枕部を作りましょう。

Q.トランクのせいでバックがしにくくない?

バックミラーやリアウィンドウから見たまま後ろに下がると、トランク部分をぶつけたりこすったりしやすいといわれるセダンですが、車幅感覚を得てしまえば問題ありません

それでもバックは難しくて苦手意識がある方は、バックモニター搭載車や障害物センサー搭載車を選びましょう。現在のMクラス以上のセダンの多くにオプション設定されていますのでご安心を。もし純正オプションにない場合は、バックモニター機能のついたカーナビを導入しましょう。

Q. 車內が狹いけど酔ったりしない?

ミニバンやSUVと比べると天井が低く、アイポイントも低めのセダンは酔いやすいという方もいるでしょう。

でもご安心ください。シートに深く腰掛けて、しっかりとシートベルトを裝著すれば、酔いにくくなります

ポイントとなるのは、頭部を極力揺らさない狀態にすること。もともと乗り物酔いは車の加減速からくる內耳の動きと、身體の動き?目で得た情報がリンクせずに脳が混亂することにより起きる癥狀です。そのため無駄に頭部が揺れないように座ることで、酔いにくくなるのです。

セダンは口コミ?評判も參考にして購入しよう

人気に陰りがでてきているとはいっても、魅力的な車が多く揃っているセダン。特にミドルクラス以上のラインナップはまだまだ豊富です。車高が高すぎないため機械式駐車場にも停めやすいし、トランクルームが分かれているため、ゴルフバッグや旅行のスーツケースなど、大事なものを保護?保管しやすいといったメリットがあります。

もしこれからセダンを買うのであれば、オーナーの口コミや評判も參考にして、自分の目的?用途に合ったモデルを選びましょう。

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

會員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

會員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本當の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本當の実燃費 一覧へ
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放
武定县| 茌平县| 昆山市| 通州区| 保康县| 莱西市| 徐闻县| 江安县| 共和县| 木里|